源泉徴収票 不要 カードローン

源泉徴収票不要でも借りられるの?

もし、今手元にまとまったお金がすぐに手に入ったとしたらどうですか?

 

でも、源泉徴収票が手元にないし、そのような収入証明書が手元にないからすぐにお金を借りられない!
なんて思っていませんか?

お金をすぐに借りたい

でも、収入証明書や源泉徴収票が不要で借りられるカードローンがあるのです。

 

銀行のカードローンの場合、一定額以上でなければ源泉徴収票が不要というところが多くなっています。

 

また、消費者金融の借り入れでも、原則として50万円以下の借り入れ額や、他社での借り入れ合計額が100万円以下であれば源泉徴収票なしでも借りられます。

 

消費者金融は、貸金業法の規制で限度額が50万円以上の場合は、必ず収入証明書などが必要です。しかし、銀行では総量規制対象外ですから、年収の1/3以上のお金を借入することが出来ないという制限はありません。それぞれの金融機関によって収入証明書の提出しないといけない金額が決められている場合が多いです。

 

お金が急に必要になったという方におすすめのカードローンがあります。

源泉徴収票不要で借りられるおすすめのカードローンはこちら

源泉徴収票・確定申告書・給与明細書・課税証明書などの収入証明書の提出が不要なカードローン・キャッシングをご紹介します。

アコム

アコム 引越し資金

アコムでは、利用限度額が50万円以下、アコムご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円以下、既にご提出済みの収入証明書が3年以内の場合は収入証明書が不要です。
アコムはTVコマーシャルでもおなじみですから、安心感がありますよね。3秒診断や融資のスピード、豊富なATMなど充実したサービスが整っています。
パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば審査の上、融資可能です。
最短30分で審査結果を知らせてくれます(あなたが指定した電話へ審査結果を伝えてくれます)。
もちろん、アコムも来店不要で即日振込みも可能!全国のアコムの支店やアコムATM、銀行やコンビニATMでいつでも利用できます。※提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

アコム

 

プロミス


SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)なら借入額が50万円まで、他社での借り入れ合計額が100万円を下回っていれば源泉徴収票は不要です。
プロミスはスピードが早いのが特徴。平日14時までにWeb契約が完了すれば当日に融資可能です。
借り入れが可能かどうが3秒ですぐに分かります。審査結果は最短30分で分かります。Web申し込みですべて契約手続きも完了するので来店不要です。
30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)がありますので、給料前にちょっと足りないといった場合には、無利息で借りられるからとても助かります。
※本当に急いでいる方はプロミスの瞬フリがおすすめです。瞬フリはこちら
瞬フリなら平日でも土日祝日でも、22時までに契約完了することで、24時間振り込み可能です。

プロミスには女性向けのサービスもあります。女性の方はこちらからご確認ください。↓

 

新生銀行カードローン レイク

ご契約額が100万円までなら収入証明書類は不要です。
新生銀行カードローン レイクは「借入額が5万円まで180日間無利息」「借入額の全額30日間無利息」の2つの無利息キャッシングが選べます。
平日14時までの申込み手続きと必要書類(運転免許等)の確認の完了で即日融資も可能。
審査結果は申込み完了画面に表示され、担保・保証人も不要です。全国の新生銀行カードローン レイクATM(カードローン専用ATM)や、提携のコンビニATMでの利用することができます。

源泉徴収不要のカードローン契約に必要な書類

カードローンはその機関のカードを使って借入・返済を行うものです。
カードは提携しているATMで使用が可能となっています。
このカードローンを利用するには、まず申し込む必要があります。
申し込んでから審査を受け、その審査に受かってから借入ができるようになります。
審査には書類が必要となり、金額によっては必要書類が増えます。

 

カードローンの契約に必要な書類は、まず身分証明証です。
これは金額に問わず必要となるので、絶対に用意しておく必要があります。
身分証明証は運転免許証が望ましいですが、持っていない人は健康保険証でも可能です。
源泉徴収票などの収入証明書は借入の金額が○○万を超える場合は必要という場合もありますので、各サービスに確認しましょう。

カードローン返済が滞ったらどうなる?

収入証明書不要

カードローンを利用していて毎月の返済がきっちりとできていれば何も問題はないのですが、もし返済が滞るような事態を発生させてしまったらどのようなことになるのでしょうか?

 

まずは、一般的にはカードローンの会社から引き落としもしくは入金が確認できなかった旨の郵便物が着て改めての入金日の指定が送られてくるか、カードローン会社の担当者から電話が入ってくるでしょう。
これらのことが行われても返済がなかった場合は再度催促の電話や督促状が送られてくることとなります。
返済要求をしていることを法的にはっきりとさせるためでもあります。

 

これでも返済ができなとなると任意整理や自己破産などを検討していかないといけないこととなってしまます。
そうしたことになる前に支払いが遅れそうなときは予めカードローン会社に相談の連絡を入れてみるべきです。
ちゃんと遅れても返すことができる見込みがあるのであれば、カードローン会社も相談にのってくれることも多々あるようです。
最悪の事態を避けるためにもまずはダメ元でも相談してみることです。
もしかしたら光が見えてくることもあるかもしれません。

無保証人でも借りられる

今の世の中はキャッシングやクレジットカード、カードローンなど金融商品があちらこちらに存在して、それらを手軽に利用できる便利な社会となっています。それらのカードなどを作るのにいちいち保証人が必要だったとしたら、ここまでカードなどは普及していたでしょうか。
絶対にしていなかったはずです。

 

ショッピングに使えるクレジットカードは当然のこと、小額融資のキャッシングやカードローンなども基本的には無保証人でお金を借り入れすることは可能です。
ただ、銀行が運営しているカードなのか消費者金融などが運営しているカードなのかで金利が違ってきたりします。
ですから、利用するならできるだけ金利が低くて他の条件も自分にとって有利な条件のカードを作れば良い。
それだけなのです。
無保証人でお金を借り入れできるのはお金を貸してくれる金融機関のバックに保証会社がついているからです。
万が一、利用者が支払い不能などの事故が起こった場合は保証会社が債務を保証するということを行っているのです。
もちろん、金額が大きい借り入れの場合は保証人が必要となることもあります。

消費者金融のみなし弁済

この数年。みなし弁済という言葉を耳にすることがあります。近年、話題となっている過払い金の請求などの話の際によく耳にすることがある言葉となっているからです。
消費者金融などのみなし弁済とは利息制限法で例外的に認められている規定となります。
利息制限法の上限金利を越えた金利であっても債務者がそうとわかってい自分の意志で支払ったものであれば、出資法上の上限金利29.2%までの金利をとることを認めるというものなのです。
しかしながら、このみなし金利が認められるクレジット会社や消費者金融には厳密な規定があります。
実際のところは、それを守れている貸金業者はほとんどいないと言われています。
みなし弁済が認められると、いわゆる過払い金の請求というもの自体ができなくなってしまうわけですが、このように本当のところは規定を守れていない消費者金融などがほとんどですので、みなし弁済が裁判沙汰になって認めれれると言うことはほぼないようです。
とにもかくにも過払金の請求ができる権利がある人はみなし弁済のことなど気にせずに請求をしたほうが良いということです。

土日祝利用可能なキャッシング

ここ最近では、キャッシング業者も即日キャッシングが当たり前の時代になってきましたが、その背景にはネットバンクなどでの銀行振込が常識化してきた事が大きく関わっています。
ネットバンクなどでの振込が常識化してきたことによって、ネットでキャッシングの申込を行い、審査が通ればネットを使って自分の口座に振り込まれる仕組みが確立されてきたことによって、家の中にいながら即日キャッシングを受けれるようになってきました。
しかし、
この即日キャッシングの仕組みはネットバンクを利用できることが前提なので、銀行の営業時間である午前9時から午後3時までしか行えない所がほとんどです。
さらに、銀行が休みである土曜日や日曜日、祝日などは即日キャッシングをすることができません。
しかし、土曜日や日曜日などの銀行が休みの日でもお金が必要になることは十分に考えられます。
土日などの銀行が休みの日でもキャッシングを利用することが出来る方法が2つあり、
その一つが無人契約機です。無人契約機はカードさえ持っていれば24時間利用することができますし、最近ではネット上で申し込みを済ませておけば無人契約機の狭い個室の中で待たされることもありません。

 

そして、もうひとつの方法が24時間振込入金を受け付けている業者を選ぶことです。
殆どの場合銀行が営業している午後3時までしか利用することができませんが、業者によっては365日24時間いつでも反映してくれる業者もあります。

自営業 お金借りる

 

自営業の人は会社員の人に比べカードローンの審査が通りにくいと言われています。
会社員の人に比べて自営業者の人は個人信用が低く、返済能力があるのかどうかが分かりにくいという点があるからのようです。

 

だからといってお金が必要になる場合はありますよね。
自営業者の場合、自分自身で経営をしないといけませんから、会社を経営している人よりも大変ですよね。

 

自営業でお金を借りたい!今その時ではないでしょうか。

 

例えばプロミスやモビット、アコムなどは比較的自営業者でも一般の会社員の人と同等の審査が行われるので借りることができます。
さらに、プロミスやアコムは30日間無利息で融資を行ってもらうことが出来るようになっています。
もし一時的に資金が必要なのであれば30日間は無利息ですので一度申込んでみてはいかがでしょうか。
自営業でもお金を借りないと資金繰りに困ることがあります。
もし取引先からの入金日の前にどうしても支払をしなければならないようなケースであれば、とりあえず一日だけお金を借りたいということも可能です。
はじめてプロミスやモビット、アコムを利用するときには無利息ですから便利なサービスです。